銀行印の作成で考えたいこと


このエントリーを Google ブックマーク に追加
Pocket

実際に銀行印を作成する方法は様々ですが、長く使用する印鑑になるので、ここでは銀行印を作る時に知っておきたいポイントについて教えます。

まず、銀行印では複製しなくても良い丈夫なものを作成することがポイントになってきます。悪用を防止するためには、保管と劣化を防ぐことが大切です。破損などで欠けた場合の複製の手間をかけることなく、なるべく必要な時以外に印鑑を出さない、使わない方法が一番です。保管時には家族であっても責任能力の低い立場にある人には極力教えず、何の時にこの印鑑を使ったか等の自己管理が大切です。作成の時は複製されにくい方法などを念頭において考えるといいでしょう。

また、銀行印で作成する場合、名前はどのように入れたらいいのか迷う人もいるのではないでしょうか。印鑑を登録する時には様々なルールがありますが、基本的に銀行印の場合の名前は苗字でも名前のみでも本名であれば登録ができます。そのため、苗字ではなく名前のみを使用したいというケースにおいても問題がなく登録できるので、結婚を機に苗字が変わるという場合でも印鑑の登録をし直す必要がなくなります。

このように、作り方で悩んでいる人は用途に合わせて事前に調べてから作成をすると後悔することはないでしょう。