銀行印の作成で考えたいこと

Bookmark this on Google Bookmarks
Pocket

実際に銀行印を作成する方法は様々ですが、長く使用する印鑑になるので、ここでは銀行印を作る時に知っておきたいポイントについて教えます。

まず、銀行印では複製しなくても良い丈夫なものを作成することがポイントになってきます。悪用を防止するためには、保管と劣化を防ぐことが大切です。破損などで欠けた場合の複製の手間をかけることなく、なるべく必要な時以外に印鑑を出さない、使わない方法が一番です。保管時には家族であっても責任能力の低い立場にある人には極力教えず、何の時にこの印鑑を使ったか等の自己管理が大切です。作成の時は複製されにくい方法などを念頭において考えるといいでしょう。

また、銀行印で作成する場合、名前はどのように入れたらいいのか迷う人もいるのではないでしょうか。印鑑を登録する時には様々なルールがありますが、基本的に銀行印の場合の名前は苗字でも名前のみでも本名であれば登録ができます。そのため、苗字ではなく名前のみを使用したいというケースにおいても問題がなく登録できるので、結婚を機に苗字が変わるという場合でも印鑑の登録をし直す必要がなくなります。

このように、作り方で悩んでいる人は用途に合わせて事前に調べてから作成をすると後悔することはないでしょう。

実印を作成する時のポイントと注意点

Bookmark this on Google Bookmarks
Pocket

通販で印鑑セットを購入する時には実印の購入もできますが、作成する時にはいくつか知っておきたいポイントも存在しています。後々買い直しとならないためにもこれから購入する人は参考にするといいでしょう。

まず1つ目に大切なこととしては偽造を防ぐのに役立つものを選ぶことです。実印は例えば住宅購入や婚姻届など人生の中でも大きなイベント事の時にしか使用しません。それほど大切な印鑑になりますが、実印は基本的に複雑な形で彫られています。なぜ複雑にするといいのかその理由ですが、簡単に言うと偽造されにくいという理由からです。実印は偽造されると思わぬトラブルに巻き込まれるケースがありますので、そのようなトラブルを避けるためには複雑な書体を使用しましょう。

2つ目はサイズ承認ができるサイズを選ぶことです。実印といっても知識がない方は適当に印鑑を選んで名前を彫ってもらう人もいますが、実印は登録できるものとできないものが存在しています。特にサイズは決められているので、承認できるサイズを選ぶことが大切です。

このように、実印を作成する時にはいくつかポイントがあるので、特にどのように作ったらいいのか分からないという場合には事前に調べるようにしましょう。

通販で印鑑セットを購入しよう

Bookmark this on Google Bookmarks
Pocket

印鑑は特に大切な時に使用することが多いアイテムですが、実際に印鑑といっても様々な種類が存在しています。通販ではどのように購入したらいいのか分からない人のためにもセットで販売しているところもあります。どのようなセット内容になっているか知りたい方も多いでしょう。まずは通販で購入できる印鑑のセット内容についてを紹介します。

まず1つ目は実印です。実印とは住民登録や役場や役所に自身の戸籍上の名前を刻印した印鑑の登録を申請し、受理された印鑑のことを言います。受理された印鑑は全て実印として扱われるので、例えば100円で購入したものであっても実印登録することが可能です。しかし、実印は破損をしない長く使えるものでないと万が一破損した時の手続きなどが面倒です。ですので、丈夫でいい素材を使用した印鑑を選ぶといいでしょう。通販で購入できるセット内容には実印に適した印鑑を用意しているので万が一知識がないという場合でも安心です。

続いて2つ目は銀行印です。これは簡単に説明をすると口座開設の際に登録をするための印鑑です。これも壊れにくい素材がよく、セット内容の銀行印は比較的壊れにくい素材になっています。

最後に3つ目は認印です。これは主に会社で使用する書類に印鑑を押したり、宅配便で荷物を受け取る時に印鑑を押したりなど日常的にも多く使用する印鑑です。セット内容には認印も付いているのでセットで購入すれば人生で必要な3つの印鑑を購入することができます。

参考リンク【印鑑通販_いいはんこやどっとこむ®】